固定資産税判例データベース 全国農地山林取引価格集計 大和システム瓦版 通知・通達集 DACSUS、DACSUS-GIS紹介
固定資産税判例データベース
※検索結果は10件まで表示されています。会員の方はすべての結果をご覧いただけます。
事件番号  事件名 裁判所名  年月日  概 要 一審 二審 備 考
平成22(行コ)39 審査決定取消請求控訴事件 東京高等裁判所 平成22年08月31日 新潟市の固定資産課税台帳に価格が登録されていない新築家屋を所有する原告が、県知事が決定した不動産取得税の課税標準となるべき価格が実際の建築費よりも30パーセント以上も高く、県知事の評価には重大かつ明白な瑕疵があるために、これに従ってされた市長による本件家屋の固定資産税等の賦課決定処分は違法であるとして、本件賦課決定処分のうち適正な時価を超える部分の取消しを求めた事案。
特別の事情のない本件においては、知事の通知に係る価格によって固定資産課税台帳登録価格が決定されることとなるものであり、また、県知事の評価に重大かつ明白な瑕疵があるとはいえないから原告の主張は採用できないとして、原告の請求を棄却した。
新潟地裁平成16(行ウ)3
平成16(行ヒ)120 不動産取得税賦課決定処分取消、審査決定取消請求事件 最高裁判所 平成19年03月22日 茨城県結城市に鉄骨造の店舗を新築し取得した原告が、本件建物に係る不動産取得税賦課決定について、課税標準額が実際の請負代金価格を大幅に上回り、建物取得時の適正な時価を上回るとして、前記賦課決定処分の取消しを求めた事案。
固定資産評価基準が定める評価の方法によっては適正な時価を適切に算定することができない特別の事情が存するとは認められないとして、原告の請求を棄却した。
水戸地裁平成9(行ウ)4及び5 東京高裁平成14(行コ)276
平成15(行ウ)26 不動産取得税賦課処分取消請求事件 札幌地方裁判所 平成17年02月18日 売買により札幌市に所在する建物を取得した原告が、本件建物に係る不動産取得税の賦課決定処分について、原告の購入価格あるいは競売による最低売却価額の約7倍ないし10倍に相当するような適正な時価と大きく乖離するものである固定資産課税台帳登録価格を課税標準とした違法なものであるとして、本件賦課決定処分の取消しを求めた事案。
本件登録価格の決定は有効であり、本件登録価格に基づいた不動産取得税の賦課決定処分は適法であるとして、原告の請求を棄却した。
平成13(行ウ)47 固定資産評価委員会決定取消請求 名古屋地方裁判所 平成14年06月28日 名古屋市に新築建物を取得した原告が、本件建物に係る固定資産課税台帳登録価格が実際の取引価格よりも高く、適正な時価を超えるものであるとしてした審査申出に対する棄却決定の取消しを求めた事案。
評価基準が定める評価の仕組みは、適正な時価の算出方法として合理性を有するというべきであり、評価基準に従って評価された本件登録価格は適法である。また、本件登録価格の算定においては、本件建物の施工上の特殊性を考慮した評価がなされていることが認められること、調査時点と評価時点における工事原価との間に無視しえない物価の生じた事実は認められないことから、本件登録価格は適正な時価を超えるものではないとして、原告の請求を棄却した。
平成4(行ツ)196 不動産取得税賦課決定取消 最高裁判所 平成6年04月21日 大分市の建物を取得した原告が、固定資産課税台帳登録価格が本件建物の取得価格と著しくかけ離れていることを理由に、前記登録価格を課税標準としてされた不動産取得税賦課処分が地方税法73条2第1項ただし書きに違反するとして、その取消しを求めた事案。
法73条2項第1項ただし書きにいう「当該固定資産の価格により難いとき」とは、当該不動産につき、固定資産税の賦課期日後に増築等の特別の事情が生じ、その結果登録価格が当該不動産の適正な時価を示しているということができない場合をいうものと解すべきであり、原告は取得時の価格と登録価格に隔差があることを主張するのみで、本件賦課処分が法73条2項第1項ただし書きに違反する旨の主張として失当であるとして、原告の請求を棄却した。
大分地裁平成1(行ウ)3 福岡高裁平成4(行コ)4
昭和46(行ツ)9 行政処分取消請求事件 最高裁判所 昭和51年03月26日 売買により大阪市の家屋を取得した原告が、本件家屋の固定資産課税台帳評価額は過大評価であり、これに基づいてなされた不動産取得税の賦課決定処分は違法であるとして、その一部の取消を求めた事案。
仮に固定資産課税台帳登録価格が当該不動産の客観的に適正な時価と一致していなくても、それが法73条の21第1項但書所定の程度に達しない以上は、右登録価格によってした不動産取得税の賦課処分は違法となるものではなく、このような場合には、不動産取得税の納税者は、不動産取得税賦課処分の取消訴訟において、右登録価格が客観的に適正な時価でないと主張して課税標準たる価格を争うことはできないとして、原告の請求を棄却した。
大阪地裁昭和32(行)19